介護施設の利用料金

日本には国民皆保険制度という非常に優秀な制度があります。
この制度は誰もが健康保険を持っていて、その効果を享受できるものとして知られていますが、実は病院を利用するためだけのものではないのはご存知でしょうか。
実は健康保険には40才以上になると「介護保険」としての効果が付随するようになっているのです。
実際、40才を超えると保険料がその分上がっているはずです。
支払いの明細を確認してみてください。
40才から64才の人のことを第2号被保険者、65才以上の人のことを第1号被保険者と呼び、どちらも介護保険によるサービスを受けることができるようになっています。

そんな介護保険の仕組みの1つとして、要介護認定というものがあります。
要介護認定によって介護が必要であると認定されると、介護施設を利用することができるようになります。
ただ、完全に無料で利用することができる、というものではありません。
健康保険に3割の自己負担があるのと同じように、介護保険にも自己負担割合が存在しています。
基本的に介護保険による自己負担は1割で、一定上の所得を持っている人に関しては2割となっています。
ただし、所得が低い人や、その月の利用額が高額になってしまった場合については軽減措置が存在しているため、それを利用することによって利用金額を抑えることも可能です。
そこでここでは、介護施設利用の費用について、システム上のポイントから紹介します。